technical information

tecnical-design-bg

デザイン

デザインはプロダクトライフを決定する重要な要素です。
いくら、機能的価値を向上したとしても、消費者の目にとまり、手に取っていただかなければその商品の価値を感じてもらうことはできません。”いいデザイン”を製品に施すことは、機能的価値を追求することよりも重要なことであると考えております。

お客さまの製品に対する思い、イメージを言葉に置き換え、弊社の優秀な協力デザイナーと一緒に共通の製品イメージを共有し、お客様の想像を超える未来を切り開くデザインをご提案いたします。

tecnical-mechanism-bg

機構設計

三次元設計

3次元CADを用いて設計をおこなっていきますので、部品同士の干渉、強度計算、機能の具現性まで画面上ですべて確認することが可能です。
予め、設計段階で問題点を把握することができるため、お客様と打ち合わせをしていく中で、早急な問題点の回避や機能性を具現化するための改善を提案することが可能です。当然、2次元図面だけの設計より設計時間が大幅に短縮されるのも魅力の一つです。

開発設計

弊社ではプラスチック成型、ダイカスト、板金加工等、いろいろな製造技術に精通しており、かつ各種製造業者との連携によりいろいろな部品を設計することができます。開発から設計、製造まで一貫してできるのが弊社の特徴です。

tecnical-trial-bg

試作

3次元データにて、試作品の製作を行いお客様のご要望に沿った機能を反映できているか、量産体制にて問題ないかをチェックいたします。
試作品にて、評価試験を数十個評価したいお客さまには試作金型のご提案もいたします。

試作金型とは、量産金型と違い材質を廉価にした金型のことです。試作段階で問題点をすべて潰したい場合に、想定される使用シーンから試作品をさまざまな評価を行う際に、検体数がそれなりに必要となります。このような要望にお応えするため、数十個から100個程度を射出成型できるように切削加工ではなく、射出成型にて成形した試作品をご提供できます。

よって、試作品が量産品と同様の形状や、強度を有することができますので、試作段階でかなり再現性の高い評価試験を行うことができます。

tecnical-flow-bg

流動解析

金型製作前に、流動解析を行うことで、ウェルドライン/ヒケなどを予め予測でき、最適なゲート径とゲート位置を提案いたします。

tecnical-mold-bg

金型製作

お客様との打ち合わせを行い、日本、中国メーカーの中から、ご要望に沿った金型メーカーにて金型製作を行います。

中国工場:コスト重視の金型工場です。
台湾工場:納期重視の金型工場です。
日本工場:品質重視の金型工場です。

それぞれ、メリットデメリットがございますので、お客様のご要望に沿って最適なプランをご提案いたします。

tecnical-product-bg

製品評価

金型ができましたら、弊社協力工場(日本もしくは中国)にて射出成型を行い、成形されたプラスチック部品の組み立てを行い、製品としての評価を行います。

tecnical-mass-bg

量産

評価が問題なければ、弊社協力工場(国内もしくは中国)にて量産体制に移ります。